うちの夫は、私を異常に愛している ネタバレ

「うちの夫は、私を異常に愛している」のネタバレと感想。スマホで無料試し読みも

 

小岩井ゆばさんのマンガ作品「うちの夫は、私を異常に愛している」。

 

 

 

他所から見れば「理想的」な夫のスペック・・しかし実際夫が妻に向ける束縛愛と支配的なセックスは異常そのもの・・

 

そんな中、母の死をきっかけに何故か仲の悪い弟を自分の家に居候させる夫・・兄弟での嫉妬がらみの愛憎ラブストーリーです。

 

 

モッピー


「うちの夫は、私を異常に愛している」がスマホで無料試し読み出来るサイトです。

 

<まんが王国>
https://comic.k-manga.jp/

 

 

「うちの夫は、私を異常に愛している」表紙

「うちの夫は、私を異常に愛している」あらすじ&ネタバレ

 

以下の文章に、あらすじ&ネタバレ要素を含みますのでご注意ください。

 

 

 

夫は明日まで出張・・・独身以来、初めて友人と遅くまで飲んだ由利子。

 

友人達は、商社勤めでイケメンの夫を羨ましがる・・「私もそんな人と結婚したーい!」なんて。

 

 

 

久しぶりに楽しんだ帰り道・・・何かから慌てて逃げている風の男とぶつかりそうになる。

 

追われているその男は由利子に・・「ちょっと協力して!」と言い、フードをかぶりキスするふり、アベックを装うのです。

 

 

知らない男のニオイだ・・


 

 

 

それはそうと私は何の協力を?・・・彼は遊んでいた女の子のカレシにばれて追いかけられていた、という。

 

「ま、でも助かった・・・ありがとね」と去っていく男・・・なんなのよ・・・

 

 

 

そして帰宅・・・玄関を開けると、明日まで帰らないはずの夫・冬樹が家に居ました。

 

最終便に間に合ったから、「それよりこんな時間まで何処行ってたの?」・・・友達と食事に・・

 

 

 

 

冬樹は由利子の首元に鼻を寄せ・・・「いつもと違う香水の香りがするね」と言う・・・例の男の香りが移ってた模様。

 

今日一緒だった子の匂いだと思う、と誤魔化そうとしますが冬樹の目は笑っていない。

 

 

「他に俺に言うこと無い?」・・・と迫ろうとしたところに電話が入る。

 

電話に出たのは冬樹・・・「何かあったの?」

 

ああ・・・母親死んだって。

 

 

 

冬樹の実家に帰って葬儀。

 

親戚たちは、父親が死んでまだ一年、立て続けで冬紀もショックだろう、と話す。

 

そういえば義母の話は冬樹からあまり聞いたことが無かったな。

 

 

 

そして更に衝撃的な噂話を耳にする由利子・・・

 

冬樹と弟は父親が違う・・・最初の旦那、冬樹の父はDV男で義母は逃げるように離婚した、と。

 

親戚たちは我慢が足りない、なんて話しているが・・・由利子には冬樹を通して、その異常性が理解できる。

 

 

私も・・・逃げられるの?・・・


 

 

 

その後、実家の空室で冬樹に無理やり抱かれる。

 

簡単に逃げられるわけは無い・・・一度は神に愛を誓った男なんだから・・・

 

一人になり、破られたストッキングを見て惨めさに涙する由利子。

 

 

 

気を取り直して階段を下りていくと・・・なんと飲んだ帰りに助けた男が「ただいまー」なんて実家に入ってくる。

 

え?・・なんで??・・・そっちこそ!

 

「オレんちで何してんの・・・オネーさん?」

 

 

 

そこに冬樹が現れる・・・「秋良、人の女に馴れ馴れしくすんな」

 

秋良は冬樹の弟・・・そっか、そういうこと。

 

「兄貴と違って出来の悪い弟だけど、これからもヨロシクね・・お義姉さん」

 

 

 

すれ違う秋良のニオイで・・・冬樹は、あの晩の由利子についていたニオイだと気が付く。

 

ああ・・・嫌いな匂いだ・・・

 

 

 

葬儀を済ませて家に帰った二人・・・冬樹は由利子の今日の予定をチェック。

 

母が死んで、実家は取り壊すことに決定・・・本当に良かったの?

 

 

「別に・・・あんな家はやく無くなればいい・・・」

 

 

夫婦でも立ち入っちゃいけないことかも・・・それ以上の追及は止めておく。

 

 

 

この二人の家でも一つ変化が起こりました。

 

実家を取り壊すことになって・・・高校留年中の秋良を誰が引き取るか、という話になり、冬樹が手を挙げた。

 

そしてこの家に秋良が居候することに・・・冬樹の考えていることがわからない由利子。

 

 

冬樹は・・「あいつと必要以上に近づくな」という・・・仕方ないじゃん、勝手に寄ってくるんだから・・

 

 

 

由利子は秋良に、前に偶然会ったことは秘密にしてほしい、と口止めする。

 

じゃあ俺のお願いも聞いて、という秋良・・・回転寿司に付き合わされました。

 

 

寿し屋で由利子は秋良にも実家を取り壊して良かったのか?と尋ねる・・・オレあんまり執着ないし。

 

でも兄貴があの家を取り壊したい気持ちは分かる・・・オレを引き取ったのはナゾだけど・・・

 

 

「だってあの人、アンタに対しての束縛ヤバいじゃん・・・平気なの?」

 

 

 

「・・・軽薄な男よりマシ」


 

 

 

その後、生活用品を買いに行く。

 

たまにはこんな風に手伝ってもいい、という秋良・・・由利子は「そんな暇あったら高校にちゃんと行きな」と説教を始める。

 

うざい!

 

 

 

秋良は由利子を「壁ドン」して・・・自分のことをどう思っているのか?と尋ねる。

 

息子?弟?・・・・そこで首元にキス・・・「それとも男?」

 

 

「生意気な年下」・・・冷たく言い放ち歩き出す。

 

 

 

帰宅して、大人げなかったかな?と反省・・・秋良は帰ってくるだろうか。

 

冬樹も帰宅・・・すぐに由利子の首にキスマークを発見!

 

 

「虫に刺されたのかも」と言い訳・・・”虫”ね・・「その虫、ちゃんと殺した?」

 

虫は殺さないとまたやられる、「由利子は自覚が足りないんじゃない?それとも、俺の愛が足りないのかな・・」

 

 

 

何で秋良を引き取ったのか・・・

 

親戚中から煙たがられて無様で滑稽で憐れ・・・「でも、もっと惨めでぐちゃぐちゃにしてやらないと」

 

なんでそんな?・・・

 

 

 

「ごめんなさい、あなたが一番大事だから!・・」由利子の言葉で、かつての自分に対する母の変化を思い出し涙する冬樹。

 

彼はその晩・・・由利子の手を縛り血がにじむまで全身を噛む・・・「愛してあげる、だからオレも愛してね」

 

 

 

 

最初に惹かれたのは由利子の方だった。

 

モテすぎて雲の上だった冬樹には近づけない・・・でも、うるさい女は嫌いだ、と彼の方から近付いてきた。

 

この人に選ばれた、という事実が由利子を酷く満たした。

 

 

 

優しかった冬樹でしたが・・・ある晩、飲み過ぎて同僚男性に支えられて帰宅した由利子にキレる。

 

「裏切り者」・・・と彼女を無理やりに犯したのです。

 

 

 

私が悪い・・・でもいつか許してくれて、優しい彼に戻る・・・


 

 

 

 

女の家に身を置いていた秋良でしたが・・・男が出てきて殴られて二人の家に戻ってきました。

 

玄関は閉まっているものの、庭に回るとサッシは無施錠・・・不用心だな。

 

 

中に入ると自分用のマグカップが粉々になっている・・・?

 

すすり泣く由利子の声が聞こえるので部屋を覗く、「何があった?」・・・別に・・・

 

 

 

秋良の手当てをしながらお互いに謝罪・・・由利子を心配する秋良ですが、兄のヨメだからということでは無い、という。

 

「男として由利子に惹かれている」と告白。

 

 

 

その後、由利子の全身につけられた「歯型」に気が付く・・・何だよ!これ・・・

 

「泣いていた原因はコレだろ!・・こんな目に遭わされているのに、おかしいだろ!・・」

 

「こんな女が気になるっていうアンタもおかしいね」と部屋から出る由利子。

 

 

 

廊下で様子を聞いていた冬樹は笑う・・・「ククク・・・由利子は俺の嫁なんだよ・・クソガキ」

 

 

 

冬樹は2泊の出張に出る・・・出掛けざま「これからはもっと友達と自由に出かけてもいいから」と似合わぬことを言う。

 

どうしたの急に?・・・夫なんだからもっと妻を信用しないといけないと感じた、なんて。

 

 

行ってらっしゃい・・・

 

 

 

しかし花瓶の中には小型カメラがセットされていて・・・

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

コチラも読まれています!

こんな夫なら「不倫」もしたくなるかもだけど・・・1/3の妻が不倫ってマジ?
「妻の1/3が不倫中」のネタバレ&感想。ただ女として愛されたいだけ

「うちの夫は、私を異常に愛している」感想&無料試し読み

 

本当は信用なんてしていない冬樹。

 

それは由利子も感じている・・・でもタイミングよく友達から飲みの誘いがあり出かける。

 

またもや潰れて寝てしまう由利子・・・旦那に迎えに来てもらおう、という友人ですが「出張中」

 

 

由利子に電話をかけた秋良、友人が由利子の電話に出たため迎えに来る、という展開です。

 

 

 

 

段々と怖くなってくる夫のDV・・・そして積極的な居候とフラフラした妻で話がややこしくなる。

 

個人的には人妻が高校生に惹かれるのか?というトコロがちょっとアレですが。

 

 

深酒して動けなくなっちゃう彼女が夫の持っていたDV癖を目覚めさせちゃったトコロもあるんじゃないかな。


 

 

 

でもやっぱりDV男性って幼少期のトラウマが原因になっているのか、遺伝や先天性の場合もあるんだろうけど。

 

「そのうちに優しい夫に戻る」というのが女性が逃げるキッカケを失う原因になっているようです。

 

DV男は満足すると優しくなるらしいですし。

 

 

 

「うちの夫は、私を異常に愛している」は一巻が300円ちょっとで購入できます。

 

 

 

「うちの夫は、私を異常に愛している」がスマホで無料試し読み出来るサイトです。

私がオススメする無料試し読みサイトは≪まんが王国≫
わたし自身も5年間愛用しています。

<まんが王国>
https://comic.k-manga.jp/

  • 豊富な作品数で「じっくり試し読み」も豊富
  • スマホでもPCでもOK
  • 漫画ランキングが正確で売れ筋がよくわかる
  • 試し読みのための会員費用は無し
  • 購入する場合もスマホ代と一緒に払える
  • ポイントで購入なので請求書等でのタイトルバレがない

サイト上部の検索窓に作品名の一部を入れると楽です。


漫画もいいけど暇な時間に小遣い稼ぎも
カードの審査が通る人なら大金も楽勝ゲーム

モッピー



読みたい本が「1冊だけ」という方はVOD(ビデオオンデマンド)サービスの無料期間を利用するのも手ですね。


スポンサーリンク

トップへ戻る