それは私と少女は言った あらすじ

「それは私と少女は言った」のあらすじ&ネタバレ。スマホで無料試し読みも。

 

タカハシマコさんのマンガ作品それは私と少女は言った」。

 

 

 

同級生の目の前で電車にはねられる少女、彼女が死を選んだ原因とは何なのか。

 

彼女の死を目撃した同級生たちはもう高校生になっていますが不可解なことが起こります。

 

 

モッピー


「それは私と少女は言った」がスマホで無料試し読み出来るサイトです。

 

<まんが王国>
https://comic.k-manga.jp/

 

 

「それは私と少女は言った」表紙

 

 

「それは私と少女は言った」あらすじ&ネタバレ

 

以下の文章に、あらすじ&ネタバレ要素を含みますのでご注意ください。

 

 

 

―誰が、こまどり殺したの―

 

 

小学生ながら高校生の役で映画の主役に抜擢された鳥子。

 

女優の仕事だけでなくモデルや写真集も出版されている人気者です。

 

 

 

 

 

鳥子の同級生たちは・・・


 

鳥子を妬んで目の敵にする女・憧れて真似をしたがる女・おとなしくて優しくしてもらったという女・

 

塾が同じなだけだという女・父子家庭だが何か鳥子に関係ありそうな女・・・

 

 

 

 

ある夏休みの登校日に「塾が同じな女」がクラスにやってきて鳥子の忘れ物を届けてほしいと言います。

 

 

そして、なんだかんだで全員で届けることに。

 

 

 

そして外へ出る5人、踏切に差し掛かると音が鳴りだし遮断機が下ります。

 

踏切の反対側から、鳥子が虚ろな表情であるいてきました。

 

 

 

鳥子はそのまま踏切に入って、皆が見ている前で電車にはねられました。

 

 

 

遺書もなく、事故の原因は解らず。

 

 

それから数年経ち、同級生たちは同じ高校に入学しました。

 

メアドを交換しようとしたところに一斉メールが届きます。

 

 

 

自分たちだけに、ブログのアドレスのみのメールが届いたのです。

 

ブログを見ると日記風、そしてブログ主は「駒沢鳥子」・・・・・

 

 

 

 

ブログは、鳥子が亡くなった日から始まっています。


 

 

 

最初のあらすじはこんな感じなんですが、怖いですね。

 

 

 

スポンサーリンク

「それは私と少女は言った」感想&無料試し読み

 

鳥子に対しての、子供の頃の感情。

 

それぞれの感情が小さいころですので歪んでいます。

 

 

 

そして鳥子自身も銀幕のスターで他の子とは異質な感じでしたが、

 

他の小学生同様の普通の感情も持っていたということが判ってきます。

 

 

 

 

なんか登場人物全員が「怖い」と感じてくるお話ですね。


 

私は頭が悪いので数回読み返さないと理解できませんでした。

 

 

 

でも作者さんはこういう子供の残酷さを描くのがお上手ですね。

 

 

 

「それは私と少女は言った」が無料試し読み出来るサイトです。

私がオススメする無料試し読みサイトは≪まんが王国≫
わたし自身も5年間愛用しています。

<まんが王国>
https://comic.k-manga.jp/

  • 豊富な作品数で「じっくり試し読み」も豊富
  • スマホでもPCでもOK
  • 漫画ランキングが正確で売れ筋がよくわかる
  • 試し読みのための会員費用は無し
  • 購入する場合もスマホ代と一緒に払える
  • ポイントで購入なので請求書等でのタイトルバレがない

サイト上部の検索窓に作品名の一部を入れると楽です。


漫画もいいけど暇な時間に小遣い稼ぎも
カードの審査が通る人なら大金も楽勝ゲーム

モッピー



読みたい本が「1冊だけ」という方はVOD(ビデオオンデマンド)サービスの無料期間を利用するのも手ですね。


スポンサーリンク

トップへ戻る