ひめゆりの歌が聞こえる ネタバレ

ひめゆりの歌が聞こえる〜女の戦争哀史〜のネタバレ。戦争末期の沖縄の惨状とは。

安武わたるさんのマンガ作品ひめゆりの歌が聞こえる〜女の戦争哀史〜」。

 

 

 

太平洋戦争末期、沖縄は激しい戦場と化していました。女学生たちも「学徒看護隊」として戦場に。

 

徐々に戦況が悪化していく中、軍国主義を掲げる人間たちの本質を目の当たりにした彼女の心境にも変化が。

 

 

モッピー


「ひめゆりの歌が聞こえる〜女の戦争哀史〜」がスマホで無料試し読み出来るサイトです。

 

<まんが王国>
https://comic.k-manga.jp/

 

 

ひめゆりの歌が聞こえる表紙

 

 

「ひめゆりの歌が聞こえる」あらすじ&ネタバレ

 

以下の文章に、あらすじ&ネタバレ要素を含みますのでご注意ください。

 

 

 

昭和20年、太平洋戦争末期の沖縄のお話です。

 

 

 

十美子は父親が軍人である影響もあり、「お国のために働きたい」と意気込んでいます。

 

所属する沖縄師範学校の女子部も「学徒看護隊」として戦場に駆り出されることに。

 

 

 

校長の話の後、いざ出発!という時になって下級生の松子の祖母が面会に来ている。

 

 

 

 

なにも、こんな時に・・・


 

 

 

松子の祖母は「ユタ」という霊能者、女学生たちは噂話を始めます。

 

十美子は、「噂話は失礼よ!」と女学生を窘め、松子にも「早く列にならんで。」という。

 

 

 

当時の軍国主義では、ユタは人の心を惑わす非国民扱い。

 

 

 

そして彼女たちは「ひめゆり学徒看護隊」として戦場に出発しました。

 

 

 

 

その頃、米軍は沖縄に本格的に侵攻を開始、約1500隻の艦船と54万8千人の兵力で沖縄を襲う。

 

迎える沖縄守備軍の兵力は10万人弱、戦況はどんどん悪化していきます。

 

 

 

 

日本軍は沖縄に点在する自然洞窟を防空壕や病院として利用していました。

 

洞窟の中は、汗、血、膿の臭いで充満、入浴も出来ない体臭、人いきれで酸欠状態。

 

 

訓練では、こんな臭気は未体験です。

 

 

 

そして水汲みや炊事は砲撃の合間を縫って行う、命がけの作業です。

 

 

 

ある日、十美子は水汲み時に、戦闘機に素早く気が付いた松子のおかげで間一髪助かる出来事が。

 

戦闘機なんか見えなかったのに・・・やはりユタの血なんでしょうか。

 

 

 

来る日も来る日も「泥臭い」作業に明け暮れる十美子。

 

ろくに治療もできないのに負傷兵はどんどん増え、24時間交代のはずが、寝る間もないほどに・・・

 

 

 

もっと、華々しい活躍が出来ると思っていたのに・・


 

 

 

そして疲れ切った十美子はついに意識を失い倒れてしまう。

 

軍医の岸田がリンゲル剤の注射を打ってくれました。

 

 

 

 

 

そしてワガママな兵隊さんにも、「学生はそんなに暇じゃないんですよ」とくぎを刺してくれる軍医。

 

 

 

 

十美子たちは外出時、松子の能力で爆撃のタイミングを知ることが出来ます。

 

「よくわかるわね。」・・・・「わたしのオバアはもっと凄いですよ、村の人たちはよく相談に来るんです。」

 

 

 

松子が小さい頃は、オバアは村の御嶽によく連れて行って、「ここを守れ」と言っていたという。

 

松子は御嶽を守る役目、看護隊には加わるな・・・オバアはそう言っていた。

 

 

 

「でも、私だけ逃げられない。」

 

 

 

そしてオバアは、ひめゆり隊は命を落とす、日本は戦争に負ける、と言っていたと。

 

十美子は松子の頬を打つ・・・・

 

 

 

「負ける」なんて思っていて、頑張れるわけは無いんだから・・・

 

 

 

十美子は患者の体から這い出すウジを見て嘔吐・・・胃液しか出ませんが。

 

もう慣れたと思っていたのに・・・・

 

 

 

 

そして、兵隊の一人が十美子を襲おうとする事件が・・・

 

「おい!軍法会議にかけられたいか?」・・・偶然通りかかった岸田軍医のおかげで事なきを得る。

 

 

 

まさか・・・自国の兵士にこんなことを・・・ショックで涙を流します。

 

 

 

 

 

そして5月21日・・・首里包囲。

 

この世の地獄をすべて集めたような状態に・・・・

 

 

 

十美子たちのいた洞窟も移動を余儀なくされ、歩けるものだけで南部へ移ることになります。

 

怪我をして歩けない学生は、あとでトラックが来る、ということ。

 

 

 

患者は・・・岸田が残って面倒を見る、という。

 

 

 

しかし・・・岸田は患者に青酸カリ入りのミルクを与え、トラックが来ることもありませんでした。

 

 

 

雨の中での移動中、十美子は疲れで座り込んでしまう。

 

松子が声を掛けますが、「いいのよ、置いて行って。」と答えます。

 

 

 

「何を言ってるんですか!十美子さんにはテキパキ指示を出してもらわなくちゃ!」

 

 

 

松子は十美子に肩を組んで、意識を失わないように語りかけながら連れて行ってくれる。

 

そして、「私は戦争が終ったら、ユタになる。」と言いました。

 

 

 

移動先の洞窟では兵隊が「軍が使用する」などと言い、一般住民を追い出してしまう。

 

もう寝台もつくることは出来ず、患者は直に床に寝させます。

 

 

 

 

 

早く治療してくれ・・・と懇願する患者、でももう薬は無い・・・


 

 

 

 

 

そして・・・・皆のためにお祈りをしようとした松子が道具を出したのを見つかり・・・

 

「アメリカの手先だろう!」、と兵隊に撃たれそうになる。

 

 

 

「バカ!松子!!」

 

 

十美子は兵隊にしがみつき、なんとか回避します。

 

 

 

しかし・・・外に出ようとしたところを、敵軍の銃弾が襲い、松子は撃たれてしまう。

 

 

 

 

 

6月18日、ついに解散命令が・・・兵隊は各自の判断で戦闘を続け、学生も各自の判断で行動せよ、と。

 

不安がる学生たち・・・十美子は軍医の岸田に相談しに行く。

 

 

 

「もう好きにしろ、沖縄の役目は終わったんだから。」

 

 

 

沖縄は、本土の「捨て石」だ、という岸田。

 

沖縄の役目は、一日でも長く米軍を引き留め、本土決戦の時間稼ぎをすることだった、と言うのです。

 

 

 

 

十美子はまだ息のあった松子に・・・「行こう、あんたの御嶽へ!」と言い、彼女を負ぶって砲弾の中を歩いていきます。

 

「お国のために」・・・でも「お国」には沖縄は入っていなかった・・・

 

 

 

降り注ぐ砲弾の中をとぼとぼと歩く十美子・・・

 

 

競ってこの島をめちゃくちゃにした・・・・アメリカも日本も・・・・

 

 

 

「ひめゆりの歌が聞こえる〜女の戦争哀史〜」のネタバレでした。

 

 

 

スポンサーリンク

「ひめゆりの歌が聞こえる」感想&無料試し読み

 

県民の4人に1人が命を落とした沖縄戦、現在でも遺骨が掘り出されているそうです。

 

沖縄での戦いは援軍を送らないと決めていたそうです、しかも沖縄で戦う人たちには知らされずに。

 

 

 

 

時間稼ぎのために、見捨てられた人々は、そうと知らずに「お国の為に」戦い抜いて命を落としていったんですね。

 

 

現在では日本をやたら美化した話を聞きますが・・ほんの70年前にはこんな鬼畜な国だったのです。


 

 

沖縄の人々の深い悲しみは永遠に忘れてはならない事だと思います。

 

 

 

私たちが「いい人」でいられるのも平和だからって事だけなのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

「ひめゆりの歌が聞こえる〜女の戦争哀史〜」がスマホで無料試し読み出来るサイトです。

私がオススメする無料試し読みサイトは≪まんが王国≫
わたし自身も5年間愛用しています。

<まんが王国>
https://comic.k-manga.jp/

  • 豊富な作品数で「じっくり試し読み」も豊富
  • スマホでもPCでもOK
  • 漫画ランキングが正確で売れ筋がよくわかる
  • 試し読みのための会員費用は無し
  • 購入する場合もスマホ代と一緒に払える
  • ポイントで購入なので請求書等でのタイトルバレがない

サイト上部の検索窓に作品名の一部を入れると楽です。


漫画もいいけど暇な時間に小遣い稼ぎも
カードの審査が通る人なら大金も楽勝ゲーム

モッピー



読みたい本が「1冊だけ」という方はVOD(ビデオオンデマンド)サービスの無料期間を利用するのも手ですね。


スポンサーリンク

トップへ戻る