センチメントの行方 ネタバレ

「センチメントの行方」のあらすじ&ネタバレ。スマホで無料試し読みも。

 

榎本ナリコさんのマンガ作品センチメントの行方」。

 

 

 

自分も15年前の女子高生の頃、売春をしていた主人公が同じ境遇の少女を救うため活動。

 

街角に立ち客を取る少女たちに彼女は何ができるのか・・・女子高生の売春をテーマにした作品です。

 

 

モッピー


「センチメントの行方」がスマホで無料試し読み出来るサイトです。

 

<まんが王国>
https://comic.k-manga.jp/

 

 

「センチメントの行方」表紙

 

 

「センチメントの行方」あらすじ&ネタバレ

 

以下の文章に、あらすじ&ネタバレ要素を含みますのでご注意ください。

 

 

 

女子高生だった当時、私は売春をしていた。

 

制服を着て、息をしているだけで・・・自分には価値があると思っていた・・・。

 

それを確信したくて・・・その価値と引き換えに報酬を受け取った・・・。

 

 

 

 

それから15年・・・


 

現在では、かつての自分と同じように繁華街をさまよう少女たちの見守り活動を行う主人公。

 

 

 

彼女はある夜、制服でプラカードを持つ少女を見つけます。

 

プラカードには・・・「ON SALE」と書かれている・・・。

 

 

 

彼女の見ている前で、男性と話して歩いていこうとする少女。

 

「待って!」彼女は声を掛けます。

 

 

いそいそと立ち去る男性・・少女は・・「商売の邪魔しないでくれる!」と反抗的。

 

 

 

女は名刺を少女に渡します・・・「NPO法人 天使のつばさ」。

 

少女は彼女に、髪から外したヘアピンを見せて、「コレを500円で売っているだけだ」と言います。

 

 

 

 

つくならもっと、マシな嘘つきなさい・・


 

 

 

すると、少女は笑って売春を認めました。

 

彼女は、客がヤバかったりすると、ヘアピンを「これ売ってました」と逃げるために使用しているんです。

 

 

 

「私にも客選ぶ権利あるじゃん。だってJKよ、商品価値高いと思うし・・」

 

「自分を商品とか言わないで!!」

 

 

ヒトの人生に口出しすんな。という少女に、彼女は自分もかつて売春していた、と告白。

 

 

 

女子高生である自分が売れることが、自分に価値がある証拠だと思っていた・・・。

 

でもそれは間違い・・・。自分の価値を他人の評価で決めることに意味はない。

 

 

 

「ね、少し時間くれない?」と少女に言いますが・・・。

 

「あんたはあたしじゃないだろ。」と、そんなの自己満足だ、と言います。

 

 

 

彼女は、しっかり自分の考えを持っている少女がどうして体を売るのか気になります。

 

「カラダ売ってない・・・商品なのは記号だよ。」

 

 

「あたしじゃない、きっと女子高生ってレッテルが付いていればいい。」

 

 

 

 

中身がすり替わっても気づく人などいない・・。


 

 

 

「私があなたを買うわ!」 「百合プレイとか?」 「そうじゃない!」

 

彼女はお金を少女に払い今夜の「時間」を買うことにしました。

 

 

 

2万払おうとする彼女に、少女は「セックスナシなら楽でいい」と半額で良いと言います。

 

これで・・・とりあえず今夜は少女を救うことができる。

 

 

 

 

とにかく、そばにいて話を聞いて、伝えなきゃ。


 

 

 

しかし、少女は彼女が横にいるのに「ON SALE」の看板を掲げます。

 

少女は、「こうして商売するのも自分の時間だ」と商売を続けるつもりです。

 

 

 

「嫌なら金返すけど」という少女、「いいわ、でも何があっても今夜は一緒にいるからね。」

 

 

 

 

そして少女は話し始める・・・


 

なぜ、こんなことをしているかというと・・「いわゆる貧困」だと。

 

 

父親はブラックな派遣会社勤務、母親は病んで家事もできず、家計はめちゃくちゃ。

 

しかし、父親は体面を気にして生活保護を受けず、イライラして娘を殴る。

 

その間、母親は隣の部屋で息を殺している・・・。

 

 

 

少女は家出をして身体を売って生活しているんです。

 

「親もそのほうが、生活費もストレスも掛からなくていいんじゃね。」

 

 

あたしみたいな子、警察に保護されても・・あの地獄に戻されるだけ。

 

「あんたもそういう活動しているなら知っているでしょ?」

 

 

 

制服を汚したいという男に汚させて、自分は一日裸でホテル、夕方クリーニングが済んだ制服を男が届ける。

 

なんていう事もあった・・・。

 

 

「変態だったけど、良い人だったなー」なんて笑う少女。

 

 

 

彼女は・・どうやったらこの少女を救えるのか・・・と悩み始める。

 

 

 

そこに、一人の男が声を掛けてきます。

 

男は少女の「客」になったことがあり、知り合いです。

 

 

 

金が入ったので少女を買おうとしているのですが、彼女が止めに入る。

 

「今夜ダメなら看板出すなよー」という男に・・・

 

 

この人と一晩一緒にいる契約なの。カノジョも一緒なら良いよという少女。

 

「ちょっと!」 「あんたが買ったのは時間だけ!」

 

 

 

どうする?・・・「じゃあ一緒に行く」と3人でホテルに。

 

 

 

昔のことを思い出す彼女・・・チヤホヤする大人がいて、自分が救われた気になっていた。

 

今は・・自らの手で少女たちを守る天使になろうと思った。

 

 

 

 

しかし、彼女はホテルに入り、男と少女を見ているしかできない。


 

男がシャワーを浴びているうちに逃げようと言いますが、少女は椅子に座ってみていろ、と言う。

 

 

 

彼女が座る前で、行為はどんどん進んでいき・・・

 

 

 

彼女は考えます・・自分は誰も救えないし守れない・・・今でも無力だと。

 

そして、昔の自分の姿が蘇って「止めて!」と叫んでうずくまってしまいます。

 

 

 

その姿を見た少女は・・・・

 

 

 

最初のほうのネタバレはこんな感じです。

 

 

 

 

スポンサーリンク

「センチメントの行方」感想&無料試し読み

 

どの家庭にも事情があって、親以外の人間が少女たちを本当に救えるのかは難しいですね。

 

 

今の頭の良い子たちに綺麗事だけを言っても彼女のように論破されてしまいます。


 

 

 

「助けてほしい」というメッセージは受け取れるようにしなければいけませんが、

 

自ら望んで売春している子を助けるのは、大金を払って彼女たちを「買う」大人がいる限り難しそう・・。

 

そういうところから解決しないといけないんじゃないかな・・罪を重くするとか。

 

 

 

続きは電子コミックサイトで読んでみて下さい。

 

 

 

 

「センチメントの行方」がスマホで無料試し読み出来るサイトです。

私がオススメする無料試し読みサイトは≪まんが王国≫
わたし自身も5年間愛用しています。

<まんが王国>
https://comic.k-manga.jp/

  • 豊富な作品数で「じっくり試し読み」も豊富
  • スマホでもPCでもOK
  • 漫画ランキングが正確で売れ筋がよくわかる
  • 試し読みのための会員費用は無し
  • 購入する場合もスマホ代と一緒に払える
  • ポイントで購入なので請求書等でのタイトルバレがない

サイト上部の検索窓に作品名の一部を入れると楽です。


漫画もいいけど暇な時間に小遣い稼ぎも
カードの審査が通る人なら大金も楽勝ゲーム

モッピー



読みたい本が「1冊だけ」という方はVOD(ビデオオンデマンド)サービスの無料期間を利用するのも手ですね。


スポンサーリンク

トップへ戻る