漫画 ブライダルチェック ネタバレ

漫画「ブライダルチェック」のネタバレ。〜秘密の代償〜

 

安達拓実さんのマンガ作品「ブライダルチェック」。

 

 

 

保育士の主人公が結婚を考える同僚彼女と初ベッドイン、しかし興奮はするものの固くならずに失敗してしまう。

 

悩んだ彼はブライダルチェック医院を訪れる・・・そこには色気たっぷりの女医が、早速彼の性感を触診でチェックし始め・・。

 

 

モッピー


漫画「ブライダルチェック」がスマホで無料試し読み出来るサイトです。

 

<まんが王国>
https://comic.k-manga.jp/

 

 

漫画「ブライダルチェック」表紙

漫画「ブライダルチェック」あらすじ&ネタバレ

 

以下の文章に、あらすじ&ネタバレ要素を含みますのでご注意ください。

 

 

 

保育士の優馬は同僚のくるみと結婚を視野に入れたお付き合い中。

 

そんな彼らが付き合い始めて3か月目の頃・・・優馬の家に来ていたくるみの両親が今夜は家に帰らない、という。

 

「泊まっていっていいかな?」

 

 

 

もしかしてそれって?・・・・


 

 

 

夜になり・・・初めてだから優しくしてほしい、というくるみ・・・「ボクも初めてだから上手く出来るかどうか・・」

 

いくよ?くるみちゃん・・・なかなかうまく行かない・・・

 

 

そのうちに柔らかくなってしまった優馬・・・あえなく初体験は失敗に終わる。

 

「ごめん」・・いいよ、お互い初めてなんだし、自分たちのペースでゆっくり進も。

 

 

 

二人の仲は保育園の保護者達も公認。

 

結婚はまだか?とせっつく保護者が・・「優馬センセ、ちゃんとブライダルチェックとかしてる?」とからかう。

 

ブライダルチェックとは、結婚前に精子の数や遺伝子の異常をチェック、ほかにEDにならないか、とかも。

 

 

ED?・・・

 

 

「バカにしちゃダメよ!」、保育園の近所の主婦は、姑に孫はまだか、と言われ過ぎて大金を不妊治療につぎ込み・・果てにおかしくなってしまった、という。

 

 

 

それからも何度かくるみと、そういう雰囲気になったものの失敗が続く優馬・・・

 

彼は意を決して・・・ブライダルチェックの医院を訪れたのです。

 

 

 

中に入ると・・・豊満な胸でミニスカート姿のすごく色っぽい女医が!

 

目のやり場に困りながら問診に答える優馬・・・

 

「挿入する寸前になると性器がしぼんでしまう・・・EDではないかと心配なさっているのですね?」

 

 

 

それではそこで下着を下して、勃起させてみて下さい。

 

「え?ここで??」・・・「診察ですので、なにか問題でも?」

 

 

 

勃起させた下半身を露出・・・女医は徐に優馬の下半身に手を伸ばして皮を剥く・・・

 

「センセイ!何を?!」

 

 

 

「検査ですから」・・・女医は彼の下半身を擦り始める。

 

手を動かすたびに揺れる女医の豊満な胸を見ているうちに堪らず発射してしまいました。

 

自慰以外でも射精は可能・・・これが挿入前になるとどうなるのか、ということ。

 

 

 

もう少し詳しく検査する、と優馬はベッドに寝かされる。

 

女医は優馬の方にスカートがめくれ上がったお尻を見せるように座り、再び手で下半身を摩りだす。

 

そして看護師にも目配せ・・・なんと看護師もスカートをめくりあげて優馬の顔に下半身を押し付ける。

 

 

 

挿入するには十分な硬さ・・・「では挿入してみましょう。」

 

 

女医は優馬の上に馬乗りになって挿入開始・・・・

 

 

ああ・・・入ってる!


 

 

 

ああ・・先生の中に出てしまう!!・・「どいてください!!もうダメーー!!」・・・発射。

 

初めてがこんな形で・・・

 

 

 

「本当にするわけないでしょう。」・・・女医は挿入するふりをして「手」を使っていたんです。

 

「期待させてごめんなさい。」優馬の頬に優しくキス・・・

 

 

後日、病院を訪れて検査結果を聞いてみる。

 

血液検査も静止の検査も問題なし・・・100人に一人の健康体、と太鼓判。

 

でもやっぱり女性器を前にして萎れるかどうか・・・「私に挿入してみる?」・・・それは冗談。

 

 

 

しかし、その検査も兼ねた「お願い」がある、と女医は言う・・・

 

 

 

連れて行かれた先には・・・分娩台に寝て下半身をこちらに露出している女性の姿が。

 

胸元から上はカーテンで隠されており、顔は見えない。

 

 

 

その女性は、不妊に悩んでいるものの、体外受精や人工授精に大金をかけたがうまく行かない。

 

借金をしてまで子供を作るべきなのか、と悩んでいる・・・

 

そして彼女はそれらの治療には不信感がある、という。

 

 

 

だから女医のクリニックでは、そういう患者のために、信頼できる人間を相手に、時折自然受精による精子提供を行っている。

 

優馬のEDの確認、そして人工授精を不審に感じている女性・・・お互いのメリットのために性交渉?・・

 

 

 

いつの間にかカーテンの向こうに身を隠した女性も話に加わる。

 

「主人は人工授精だと思っている、自分はこのことは主人には一生ヒミツにするつもり」だと。

 

優馬がこちらに気を使ってくれている声を聞いて、良い人だと安心した・・と女性は言います。

 

 

「どうかお願いします!」と優馬に懇願!


 

 

 

声を出すのはルール違反だと女医に咎められた女性・・・

 

 

 

「今日でなくてもいいの・・・彼女の排卵のタイミングに合えば・・」

 

少し考えさせてください・・・その日はそのままクリニックを後にしました。

 

 

 

 

仕事中も・・「お互い悪くない提案だと思うけど・・」という女医の言葉が離れない優馬。

 

くるみも子供は大好き・・・優しい目で園の子供を見ながら、早く自分の子供が欲しいと言っている。

 

ボクの問題で子供が出来なかったら・・・

 

 

そんなとき、フラフラと保育園に現れたのは、近所の不妊で苦しむ女性・・・あんな風に苦しんでいる人は多い・・・

 

 

 

優馬は夢でも・・・くるみとのセックスに失敗するシーンを・・・

 

そこで「私とならどう?」と現れる女医・・・彼女とのセックスは夢の中でも成功・・・

 

 

 

 

このままくるみちゃんとセックス出来ない身体だったら・・・


 

 

 

優馬は覚悟を決めてクリニックへ向かう。

 

そして「精子提供同意書」という書類に署名。

 

「ごめんなさい・・・信用しないわけでは無いけど、ここでの行為は口外してもらうわけにはいかないから・・」

 

 

 

では始めましょ・・・

 

案内された部屋には前と同じように、分娩代に顔を隠して寝かされる女性が。

 

そして・・・看護師と女医が自らの身体を使って・・・優馬の性感をMAXまで上げていく・・・

 

 

 

 

スポンサーリンク

漫画「ブライダルチェック」感想&無料試し読み

 

まるでAVに出てきそうな・・・男性なら誰もが夢見るシチュエーション。

 

これで健康保険が使えるのなら、どこぞの風俗なんかよりよっぽど・・・真面目な医療行為なのに失礼しました!

 

 

 

しかし・・・セックスを「メリット」」で話しはじめると、何やらおかしなことになりますね。

 

 

ヤリたい男女に・・・「さあどうぞ!」みたいな話になっちゃう・・・


 

 

 

不妊に苦しんでいるご夫婦には、少し不謹慎な気はしますが・・・ナイスな設定に興奮してしまいました。

 

女医のじらし、というのか・・・思い通りにならない所が流石にお上手です。

 

 

 

くるみちゃんとデキる身体になってハッピーエンドになるのか・・・女医たちともおかしなことになっちゃうのかワカリマセン。

 

このあと挿入することになるであろう女性との関係も匿名で居られるのか・・・どう転ぶんだろ。

 

 

 

願わくは、この作品を読んだ男性が「ブライダルチェック」を受診してくれるといいのですが・・・多分医者はオッサンですけど。

 

 

 

電子書籍だと単話ずつ100円ちょっとで読めますので、是非どうぞ。

 

でも結構エロい作品ですので・・読むときは「お人払い」をお願いします。

 

 

 

 

 

漫画「ブライダルチェック」がスマホで無料試し読み出来るサイトです。

私がオススメする無料試し読みサイトは≪まんが王国≫
わたし自身も5年間愛用しています。

<まんが王国>
https://comic.k-manga.jp/

  • 豊富な作品数で「じっくり試し読み」も豊富
  • スマホでもPCでもOK
  • 漫画ランキングが正確で売れ筋がよくわかる
  • 試し読みのための会員費用は無し
  • 購入する場合もスマホ代と一緒に払える
  • ポイントで購入なので請求書等でのタイトルバレがない

サイト上部の検索窓に作品名の一部を入れると楽です。


漫画もいいけど暇な時間に小遣い稼ぎも
カードの審査が通る人なら大金も楽勝ゲーム

モッピー



読みたい本が「1冊だけ」という方はVOD(ビデオオンデマンド)サービスの無料期間を利用するのも手ですね。


スポンサーリンク

トップへ戻る