不倫初夜 ネタバレ

「不倫初夜」のあらすじ&ネタバレ。スマホで無料試し読みも。

 

幸村佳苗さんのマンガ作品不倫初夜」。

 

 

 

主人公は高校で離れ離れになった幼馴染への恋心を離れてから実感します。

 

そして再会した二人、彼は既に結婚していましたが惹かれあう二人は・・・

 

 

モッピー


「不倫初夜」がスマホで無料試し読み出来るサイトです。

 

<まんが王国>
https://comic.k-manga.jp/

 

 

「不倫初夜」表紙

 

 

「不倫初夜」あらすじ&ネタバレ

 

以下の文章にあらすじ&ネタバレ要素を含みますのでご注意ください。

 

 

 

夏美は高校生のとき京都に引っ越しました。

 

それを見送りに来た同級生の中に幼馴染の男子・マキの姿もあります。

 

 

 

同級生に別れの挨拶を急かされたマキは、「俺・・実は夏美の事・・・」

 

 

アラームで目を覚ました夏美は・・またあの夢・・・と。

 

夏美は親友だったマキのことを離れてから、好きだと気が付いたのでした。

 

 

 

 

彼とは連絡が取れなくなり、12年の歳月が流れています。


 

 

 

現在の夏美の仕事はバイク便、あるビルのエレベーターの中でマキと再会しました。

 

 

マキは部下が持っていくのを忘れた書類を届けようと急いでいるところ。

 

 

 

 

夏美の姿でバイク便だと気が付いたマキは二人乗りで書類を届けに行くんです。

 

久しぶりに昔のように会話する二人。。

 

 

 

「夏美がいてくれてよかった。」と言う言葉に頬を染める夏美。

 

 

 

この急用で後の仕事が空白になった夏美に、「もう一か所だけいいか?」とマキは聞きます。

 

 

ついた先はバーでした。

 

そしてタクシー代は出すから好きなだけ飲め、と言うマキ。

 

 

 

 

久しぶりの昔話に花が咲きます。


 

 

 

二人が小学生の頃は、勉強のできたマキが夏美に教えていました。

 

夏美の父は夏美が高校のとき不倫をして、相手に貢ぐ・・借金までしてしまいました。

 

 

 

 

そして両親は離婚、夏美は祖父母の家に引っ越したのでした。

 

 

 

 

永遠に続くと思っていた家庭を失い、何も信用できなくなった夏美は、

 

マキの告白に聞こえないふりをしてしまったのでした。

 

 

 

今更、マキを好きになる資格は無い・・・

 

「もう帰らないと・・」ふらつく夏美を支えるマキ。

 

 

 

「…夏美。」

 

目を覚ますとホテルのベッドの上。

 

 

 

酔いつぶれた夏美をマキが運んだのでした。

 

「俺はソファで寝るから・・」と言うマキの腕をつかむ夏美。

 

 

 

 

そして、12年前の告白に答えなかったことを謝りました。


 

 

 

マキは「結婚しているんだ・・・1年前に。」

 

マキの指を見ても指輪をしていません。

 

 

 

「でも・・・愛せないんだ・・・」

 

 

 

私じゃ力になれない?という夏美にいきなりキス、そしてベッドに押し倒す。

 

「それ以上なにも言わないでくれ。」

 

 

 

マキは夏美を丹念に愛撫する・・・

 

 

 

最初はこんな感じのあらすじです。ベッドの描写は苦手ですのでマンガでどうぞ。

 

 

 

スポンサーリンク

「不倫初夜」感想&無料試し読み

 

すれ違った両想いの二人がやっと結ばれるのか、でも不倫だぞ・・・

 

二人はイケナイ関係になってしまうのでしょうか。

 

 

 

妻を愛せないというマキの言葉も謎ですね。好きで結婚したわけではないのかな。

 

 

夏美の気持ちも複雑になるポイントかもしれませんね。


 

 

 

二人のいけない関係はどうなっていくのでしょう。

 

 

 

「不倫初夜」がスマホで無料試し読み出来るサイトです。

私がオススメする無料試し読みサイトは≪まんが王国≫
わたし自身も5年間愛用しています。

<まんが王国>
https://comic.k-manga.jp/

  • 豊富な作品数で「じっくり試し読み」も豊富
  • スマホでもPCでもOK
  • 漫画ランキングが正確で売れ筋がよくわかる
  • 試し読みのための会員費用は無し
  • 購入する場合もスマホ代と一緒に払える
  • ポイントで購入なので請求書等でのタイトルバレがない

サイト上部の検索窓に作品名の一部を入れると楽です。


漫画もいいけど暇な時間に小遣い稼ぎも
カードの審査が通る人なら大金も楽勝ゲーム

モッピー



読みたい本が「1冊だけ」という方はVOD(ビデオオンデマンド)サービスの無料期間を利用するのも手ですね。


スポンサーリンク

トップへ戻る