妊娠したら死にたくなった ネタバレ

妊娠したら死にたくなった〜産褥期精神病〜のネタバレと無料試し読み。

 

橘ちなつさんの実体験作品妊娠したら死にたくなった〜産褥期精神病〜」

 

 

 

漫画家の激務で飲んでいた「抗不安薬」も結婚後は服用していない・・・そろそろ家族をもう一人、と幸せいっぱいの夫婦。

 

無事妊娠したものの、長期のつわりと胃痛に苦しみ・・・心のザワザワが再発!気のせいだと思いたいけど、何故か涙は止まらない・・

 

 

モッピー


「妊娠したら死にたくなった〜産褥期精神病〜」がスマホで無料試し読み出来るサイトです。

 

<まんが王国>

https://comic.k-manga.jp/

 

 

「妊娠したら死にたくなった」表紙

「妊娠したら死にたくなった」あらすじ&ネタバレ

 

以下の文章に、あらすじ&ネタバレ要素を含みますのでご注意ください。

 

 

 

精神科の病棟・・・器具で身体を固定されて寝かされている千夏・・・

 

なんで、わたしこんなところにいるんだろ・・・

 

 

 

 

1年3か月前・・・


 

結婚して4年、31歳になる千夏は、最愛の夫:涼ちゃんに「子づくり」を提案。

 

「今はもうなにも薬飲んでないの?」

 

 

 

結婚前、少女漫画家をしていた千夏は昼夜を忘れて仕事に没頭していたため、バランスを崩してメンタルクリニックへ。

 

数年間、抗不安薬を服用していたことがあるのです。

 

 

 

飲めば心が楽になるこれらの薬は依存性が強い、でも結婚後は飲んでいないしお世話になる予定も無い。

 

涼ちゃんは、それを心配していたんですね。

 

 

 

涼ちゃんと一緒にいると心が安らぐ・・・はやくパパにしてあげたいな・・・

 

 

 

そして無事妊娠・・・胸にあるのは明るい未来の予感だけでした。

 

 

 

それから数週間後・・・辛いつわりがやってくる。

 

彼女も猛烈な症状に襲われて、食べられないだけでなく洗濯物などのニオイでも吐き気が。

 

倦怠感に襲われてほとんど家事もできずに寝たきり状態に。

 

なんとか耐えられているのは通院時に見られる成長する胎児の様子があったから。

 

 

 

通常12週ころから治まってくるといわれる「つわり」ですが・・・安定期に入り6か月になってもおさまる気配を見せません。

 

千夏の体重は妊娠前から−8kg、体も心も衰弱しきってしまう。

 

ついには夫の前で泣き言を言って涙を流してしまいました。

 

 

もう23週目・・・栄養のある食事を摂らなければならない時期なのに食べられない・・・

 

 

どうすれば終わるの?!・・・


 

 

 

夫は産科も消化器科もある総合病院に行こう、と言います・・「きっと今の苦痛を和らげてくれるよ」と。

 

 

 

そこで医師からは・・・・とりあえず2週間の入院、絶飲食で一日4回の点滴を提案される。

 

食事を摂れるようになるのが、退院のメド、と。

 

 

まったくここから出られる気がしない千夏でした。

 

 

 

そこでは病院スタッフの温かい対応や妊婦仲間との会話で気が晴れる毎日。

 

お腹もだいぶ膨らんできました。

 

 

 

「ところで赤ちゃんの性別って聞いた?」・・・「!!まだです!!」

 

その夜やってきた涼ちゃんの前で、食事を食べてみることに・・・「あれ?大丈夫そう・・・」

 

やっと食事を摂れた千夏・・・喜びに浸る。

 

 

そして涼ちゃんにもう一つの報告を・・・「え!ついてた!?」

 

どっちでも楽しみだったけど、男兄弟が居なかった涼ちゃんは大喜び。

 

 

 

 

そして無事に退院することが出来ました。


 

 

 

8か月目にも入ると、やっと赤ちゃん用品を準備する余裕も生まれてくる。

 

母親と一緒に買い物に出かけるのでした。

 

 

彼女の母親は妊娠に苦労した人・・・子供どころか孫にまで恵まれるなんて、と大喜び。

 

千夏もいつか母のような「母親」になりたい、と思っていた、この子も愛情を持って育ててあげたい、と。

 

 

 

しかし・・・何故かわけもなく涙がこぼれる・・・まさか?

 

胸もザワザワ・・・

 

 

 

気のせいだと思いたい・・・しかし翌日も夫が仕事に向かうと・・・涙が流れ出す。

 

妊娠中は情緒不安定になるらしい・・・これがそうなのかな?

 

 

 

帰宅した涼ちゃんの前でも涙が出てしまう・・・・そして足がもぞもぞと動き出す。

 

青くなる涼ちゃん・・・何がなのか判らないけど「怖い」という千夏。

 

 

千夏を一人にすることは危険だと考えた涼ちゃんは、仕事中は彼女を実家に預けることにしました。

 

千夏の怖がり方はエスカレート・・・足をバタバタさせて暴れ出す。

 

 

 

胎児にも・・・「動かないで・・・気持ちが悪いの・・」

 

「早く私の身体から出ていって!」・・・なんて言ってしまいハッとする・・・

 

 

千夏は現在34週・・・今の不安定さでは母子ともに危険、37週になれば子供はいつ生まれても大丈夫なまで成長する。

 

千夏の母と涼ちゃんがそんな話をしていると・・千夏は勝手に表に出ていって事故に遭いそうに。

 

 

涼ちゃんが気づいて無事でした。


 

 

 

もう自分でも自分がわからない・・・千夏は総合病院にいって頭を下げる。

 

「どうか、助けて下さい」

 

 

 

過去に心療内科に通院歴があり、一時的に強いノイローゼをぶり返している可能性が高い・・・

 

この週数なら大丈夫、と医者は判断・・・「じゃあ産んじゃおっか、橘さん!」

 

 

予定日より一か月半早く帝王切開で出産することになる。

 

 

 

ママの都合で予定より早く外の世界に出しちゃうことになる・・・ゴメンね。

 

涼ちゃんもホルモンバランスの乱れから来る不調だと考えます・・・「生まれたらスッとよくなる」と。

 

 

 

 

しかし・・・・


 

 

彼女のザワザワは出産後も収まらない・・・

 

もう赤ちゃんは生まれたし精神科で薬を出してもらうことは可能・・・でもそれだと母乳をあげられない・・

 

目にするもの、何もかもが怖い!こんなに幸せな状況なのに何故なの?

 

 

不安から泣きながら暴れ続ける・・・

 

娘は何かに取りつかれたんじゃないのか?と両親は心配。

 

 

「死にたい」と口にしたり両親の目を盗んで家から飛び出そうとする。

 

帰宅した涼ちゃんは医師に電話で症状を説明・・・

 

 

「入院を受け入れますので連れてきてください」

 

 

 

スポンサーリンク

 

「妊娠したら死にたくなった」感想&無料試し読み

 

作者さんの実話らしいけど・・・壮絶だな。

 

読者的にも「スッとよくなる」と思いましたが、作品の冒頭を読むとここからがもっと大変なようですね。

 

隔離病棟のようですが・・・希死念慮が出ちゃったのかな?

 

 

 

私も心療内科に掛かったことがあるので、胸のザワザワのあたりはよくわかる。

 

あ!来た、なんて感じなのです。

 

心の病気は「完治」っていうのが無くて「寛解」なんて言うのが多いけど、ぶり返しちゃったんですね。

 

それも普段の時だと投薬で調子は良くなっていくのが判っているから安心なんですが・・・

 

妊娠中は薬が飲めないから本当に大変ですよね。

 

 

 

「うつ」になっちゃった人が、会社を辞めたらスッと良くなる例もあるらしいのですが、彼女のように、幸せなのに何故涙が?ってことも多い。

 

必ずしも精神的な苦痛から起こることでも無いんです。

 

 

 

 

それと・・・協力的で良い旦那さんですね。


 

薬剤師をされているってことで、病気や妊娠にも知識があるからなんだろうけど、優しいし羨ましいな。

 

こうやって漫画化しているんだから現在は大丈夫なんだろうけど、大変でしたね。

 

 

 

 

「妊娠したら死にたくなった〜産褥期精神病〜」がスマホで無料試し読み出来るサイトです。

私がオススメする無料試し読みサイトは≪まんが王国≫
わたし自身も5年間愛用しています。

<まんが王国>
https://comic.k-manga.jp/

  • 豊富な作品数で「じっくり試し読み」も豊富
  • スマホでもPCでもOK
  • 漫画ランキングが正確で売れ筋がよくわかる
  • 試し読みのための会員費用は無し
  • 購入する場合もスマホ代と一緒に払える
  • ポイントで購入なので請求書等でのタイトルバレがない

サイト上部の検索窓に作品名の一部を入れると楽です。


漫画もいいけど暇な時間に小遣い稼ぎも
カードの審査が通る人なら大金も楽勝ゲーム

モッピー



読みたい本が「1冊だけ」という方はVOD(ビデオオンデマンド)サービスの無料期間を利用するのも手ですね。


スポンサーリンク

トップへ戻る