彼の香りと私の匂い ネタバレ

「彼の香りと私の匂い」のネタバレ。先輩の匂いを嗅ぎまわる変態女だが・・

 

広田奈都美さんのマンガ作品「彼の香りと私の匂い」。

 

 

 

憧れの先輩に会いたくて同じ会社に入った主人公、彼女は学生時代から先輩の香りを嗅ぎまわる変態行動をしてきた女。

 

そんな先輩の匂いオンリーフェチの彼女でしたが、どうも気が合わない同期に自分の匂いを嗅がれたことで体に変化が・・・。

 

 

モッピー


「彼の香りと私の匂い」がスマホで無料試し読み出来るサイトです。

 

<まんが王国>
https://comic.k-manga.jp/

 

 

「彼の香りと私の匂い」表紙

 

 

「彼の香りと私の匂い」あらすじ&ネタバレ

 

以下の文章に、あらすじ&ネタバレ要素を含みますのでご注意ください。

 

 

 

新入社員研修中の森村みどり。

 

ちょっと前の彼女は、真面目な非モテ系女子・・・それが、こんな大手の会社に入って華の広報に。

 

 

頑張って社会人デビューしようと張り切っています。


 

 

 

研修でグループミーティング中の彼女の班には、軽薄そうな男・白川サトルが。

 

彼は、ミーティング中にもかかわらず、綺麗系の女子に「個人的」に話しかけている・・・

 

 

 

張り切り過ぎのみどりはサトルに注意・・・何じゃ、この女?・・「俺の一番嫌いなタイプだわ・・」

 

地味で勉強ばっかやってきた感じ・・・こういう女には関わらないのが一番・・・

 

 

 

やたらテキパキ動いて・・・承認欲求のカタマリ・・・偽善者め!・・

 

 

 

 

みどりが広報と知ったサトル・・・普通、広報って美人が・・・「コイツ、セクハラ発言してます!!」

 

良いのよ、私は顔以外のやり方でやる!

 

 

 

と、その時廊下ですれ違った一人の男性に、みどりは目を奪われ恍惚の表情を。

 

その様子を見て不思議そうなサトル・・・「うるさい!見なかったことにして忘れろ!!」

 

 

 

 

 

実はさっきの男性は・・みどりが学生時代から憧れる黒木先輩です。

 

 

美術部に所属していた、陰のある大人びた先輩・・・


 

 

 

バカ騒ぎする他の男子生徒の中では浮いた存在だったのですが、みどりには「神」。

 

他の女子には全然モテない先輩でしたが。

 

 

 

学園祭で見た先輩の展示物、「森のくまさん」を見て萌え死にそうになったみどり。

 

それからは先輩のストーカーに。

 

当時のみどりは地味女、話しかけるなんてとても出来ません・・・

 

 

そして・・・手を出してしまったのは先輩のシューズ、誰もいない下駄箱で匂いを嗅いでしまったのです。

 

・・・い・・良い香り・・・

 

 

そしてムラムラする・・・もしかして、私は変態?

 

 

 

 

それからは、度々手を出してしまい・・クンクン。


 

先輩が卒業してからも、残して行った美術作品をクンクン嗅いで我慢。

 

 

 

先輩に会って直接嗅ぎたかったみどりはこの会社に入社したのです。

 

そして、今・・・誰もいないオフィスで先輩の椅子をクンクン・・あー幸せ!!

 

 

 

しかしそこに・・・「何してんの?」と買い物帰りの先輩に見つかってしまいました!

 

 

 

 

一方、サトルはみどりのことが何故か気になって仕方がない。

 

 

 

 

翌朝、会社で親しげに話すみどりと黒木先輩を発見。

 

何でこんなに急接近したの?・・・・夕べ、とあることで、グッと距離が縮まった、というみどり。

 

「ていうか、なんでアンタに話さなきゃならないの?」・・気になるじゃん!

 

 

 

実は昨夜・・・椅子を嗅いでいたのを見つかったみどりは・・

 

亡くなった父が黒木にそっくりで、近づいたところ匂いもそっくり・・・と苦しい言い訳を。

 

 

どう言い訳しても変態行為・・・嫌われても仕方ない・・・


 

 

 

しかし黒木先輩は・・・「いいよ。」・・・匂いが嗅ぎたいんならどうぞ、と上着まで脱いでくれたのです。

 

先輩の体に近づいて匂いを嗅ぐみどり・・・徐々に興奮してハアハアいいだす・・・本当に変態だな・・

 

 

 

しかし先輩は腕を回してみどりを自分の体に押し付ける。

 

もっと嗅いでいいってこと?!・・・これは許された変態行為だ!!

 

 

 

・・・と、いうわけ。

 

 

 

話を聞いたサトルは「立派な変態」だという。

 

別に犯罪犯したわけじゃないし!・・・・いや!ギリギリの所だ!!

 

 

 

たとえばこういう風に・・・・サトルはみどりに顔を近づけて匂いを嗅ぎだす。

 

全身を嗅ぎまわるサトルの吐息・・・おかしな気分になってくるみどり・・・

 

 

 

 

やだ・・・ホントにされてるみたい・・・


 

 

 

みどりはサトルを突き放して走って逃亡。

 

しかし、二人におかしな変化が現れる・・・嫌いなんだけど「ヤラしい妄想」が止まらなくなってしまうんです。

 

 

 

「彼の香りと私の匂い」一巻のネタバレはこんな感じです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

コチラも読まれています!

これもフェチもの・・・・スーツフェチ女だったが、ガテン系も魅力にも気が付いて・・
「偏愛とフェチズム」のネタバレ。フェチや萌えポイントは人それぞれ

感想&無料試し読み

 

 

匂いフェチっていうのか、好きな人の香りを嗅ぎたくなる気持ちは解らんでもないですね。

 

私にも変態の気があるだけなのかもしれませんが。

 

 

 

 

この作品はキャラクターの設定が秀逸ですね。


 

不思議な雰囲気の先輩、チャらい男、張り切り過ぎの変態女・・・ただの匂いフェチ作品とは思えない面白さです。

 

 

 

相変わらず女っ気が無さそうな先輩、大きな体で無愛想・・・ちょっと女性に怖がられるタイプなんです。

 

同僚に、彼女は?と聞かれ、みどりを一瞬思い浮かべるものの・・・あの子は純粋に父親の匂いを嗅いでいるだけ、と考える。

 

女性として見るのはいけない事なんじゃないか、と・・・本当はタダの変態なのに・・

 

 

 

3人の関係はどうなっていくのか、そして変態行為は加速するのか、目が離せません。

 

 

 

 

 

「彼の香りと私の匂い」がスマホで無料試し読み出来るサイトです。

私がオススメする無料試し読みサイトは≪まんが王国≫
わたし自身も5年間愛用しています。

<まんが王国>
https://comic.k-manga.jp/

  • 豊富な作品数で「じっくり試し読み」も豊富
  • スマホでもPCでもOK
  • 漫画ランキングが正確で売れ筋がよくわかる
  • 試し読みのための会員費用は無し
  • 購入する場合もスマホ代と一緒に払える
  • ポイントで購入なので請求書等でのタイトルバレがない

サイト上部の検索窓に作品名の一部を入れると楽です。


漫画もいいけど暇な時間に小遣い稼ぎも
カードの審査が通る人なら大金も楽勝ゲーム

モッピー



読みたい本が「1冊だけ」という方はVOD(ビデオオンデマンド)サービスの無料期間を利用するのも手ですね。


スポンサーリンク

トップへ戻る