愛されたいと泣いた夜 あらすじ

「愛されたいと泣いた夜」のあらすじ。スマホで無料試し読みも。

 

貝原しじみさんのマンガ作品愛されたいと泣いた夜」。

 

 

 

気弱で思ったことが言えない女、彼女を奴隷のように扱うDV彼氏とも別れられずにいます。
しかしある人物に出会ったことで、逃げているだけでは解決しないと気付く・・彼の住むシェアハウスに住むことになった彼女だが

 

 

モッピー

 

 

「愛されたいと泣いた夜」がスマホで無料試し読み出来るサイトです。

 

<まんが王国>

https://comic.k-manga.jp/

 

 

「愛されたいと泣いた夜」表紙

「愛されたいと泣いた夜」あらすじ&ネタバレ

 

以下の文章にあらすじ・ネタバレ要素を含みますのでご注意ください。

 

 

 

ヒナはファミレスの店員、気が弱くて彼氏に逆らえない女。

 

仕事帰りに急いでいたヒナに彼氏から電話があり・・・「いつまで待たせるんだ!」と怒鳴り声。

 

 

 

スグに帰るから、と電話を切って急ぐ・・・「ギャンブルでも負けたのかな・・・」

 

 

機嫌の悪い声に気が重くなります。


 

 

 

あせっていると男性とぶつかってしまいました。・・「すみません!よそ見をしていて・・」

 

 

 

男性は「大丈夫か?危ないぞ」と言ってくれます。

 

ヒナはお弁当がぐちゃぐちゃになってしまったことに気が付きます。

 

 

 

男性「派手にぶちまけたな。。」

 

 

 

一個はぎりぎりセーフ、さらに鳴る電話でヒナは慌てて「失礼しました!」とまた走る。

 

 

アパートに着いたヒナは彼氏に慌てて弁当を渡します。


 

 

 

「何だこれ!豚の餌みたいになってるじゃねえか!!」と頭に弁当を押し付けられる。

 

新しいの買ってくる、と言うヒナ・・・彼氏は「もういい、俺を満足させろ!」と押し倒す・・。

 

 

 

 

「今日は危険日だから、ちゃんとしてくれないと・・・」と震えながら言うヒナに、「俺に指図するな!」

 

俺の言うこと聞いてあんあん言って・・金を稼いでくれたら良いんだよっ!!

 

ヒナは暴力的な彼氏を恐れて何も言えなくなっている状態なのですね。

 

 

 

そして「口ごたえすると、また撮ってどっかに上げるぞ」と更にヒナを脅す。

 

そこへ現れたのはさっきぶつかった男性、「カギもかけずにあんたら、なにしてんだ・・」。

 

 

 

彼氏は勝手に入ってくるなと、男性に掴み掛る。

 

 

 

しかし男性は怯むことなく彼氏を睨み、チャイムも鳴らしたしドアも叩いた、と言う。

 

 

 

殴りかかろうとする彼氏に男性は「殴れよ、そしたら俺が殴っても正当防衛な。」と言います。

 

「近所迷惑と暴行罪で警察を呼ぶ」とも。

 

 

 

なあ殴らねえの?


 

 

「ちょ!おま・・・意味わかんねえ・・・」

 

「女も殴っちゃダメだろ」男性の迫力に彼氏はその場から逃げ出してしまう。

 

 

 

ヒナも男性を恐れて震えている。

 

しかし男性はヒナがぶつかったときに落とした財布を届けてくれたんです。

 

 

 

それでも震えているヒナに「俺は塾講師している犬塚、あんた名前は?」と聞きます。

 

「信用しろとは言わないけど財布を渡すために走ったんだぞ・・」

 

 

「あっ!ありがとうございます・・・」

 

 

 

ヒナは「お礼にいくらか・・」と言いかける・・・「いらねえって」

 

飯くらいならオゴられても良いけどな・・・

 

そして「勝手に使うぞ」と言い、ヒナの傷に氷とタオルを準備してくれました。

 

 

 

 

「撮るとかアレ?そういう仕事?」


 

 

 

ヒナは「お金になるからって勝手に撮られて・・・」

 

 

 

撮影が嫌だから・・・目いっぱいバイトを入れて許してもらっている、と言う。

 

 

 

 

じゃあここから真面目な話な。

 

 

「おまえ死にたいの?」

 

 

 

 

抵抗する気力も無くなっているし、こんな生活していたら精神を病む。

 

殴られるのだって当たり所が悪ければ・・と男性は言います。

 

 

「そんな・・・大げさな・・・」というヒナだが、体の震えは止まらない・・・

 

彼氏だってそのうち帰ってくる・・「保護してくれそうなヤツと連絡取れるか?」

 

 

 

・・・・


 

 

 

 

犬塚は自分の住んでいるシェアハウスにヒナを連れて行く。

 

「小鳥遊ヒナと申します。ここに置いていただけないでしょうか。」

 

 

「ってことなんだけど、どうかな森野さん?」

 

「急だねえ・・・部屋は空いているからいいんだけど・・」

 

 

なんか事情があるってことだよね?・・・

 

俺から軽く説明すると・・「男に騙されてハメ撮りされてて、そのDV男から逃亡中の女」

 

 

 

そんな包み隠さず!!!

 

 

「すみません・・・やっぱり図々しいですよね・・・すぐ帰り・・・」

 

 

待って!

 

「こっちこそゴメンね・・・ヘビーな話で驚いちゃったよ・・」

 

 

 

同居人は彼女を空き部屋に案内。

 

そこは田舎の実家みたいな部屋で落ち着きそう。

 

 

「荷物置いたら降りてきてね・・・夕食だよ」

 

「い・・いいんですかっ?私なんかが・・・」

 

 

 

おいしい・・・


 

 

私はどこで間違ってしまったんだろう・・・

 

 

ふかふかの布団・・・ヒナは久しぶりに落ち着いた気分でぐっすり眠ることができた。

 

 

彼氏との出会いはナンパだった・・・

 

強引にホテルに連れて行かれて「はじめてなの・・」とおずおず口にした私に・・・彼はとても優しかった。

 

気が弱く引っ込み思案な私は自分に自信が無い・・・容姿も、頭もよくないから・・・

 

だから多少強引でも単純に嬉しかった。

 

優しい時もあったから・・・

 

 

 

ぐっすり眠って朝起きると何故か全裸・・・どうして?・・

 

 

「おーい朝飯だぞー」

 

そこに現れた犬塚・・・「わりぃ、全裸で寝る奴もいるよな・・・」

 

 

「ちっ・・・違いますっ!!気が付いたらなんか脱いでてっ!!」

 

いいから・・・服着てくれ・・・

 

 

朝食後に「何かお手伝いを・・」

 

「あんたはいい・・・そんなことより、することがあるだろ?」

 

 

 

そう・・・


 

 

逃げるだけじゃ解決しない・・・でも、話し合いでも私ではまともに勝てないし・・

 

逃げ出したから無茶苦茶怒ってるだろうな・・・

 

 

自分ってバカすぎる・・・犬塚さんに会ってなかったら、大人のビデオにデビューしてた気がする・・

 

 

なんて考えてたら「うたた寝」しちゃった。

 

起きたら何故かまた全裸!!!・・なんでっ!?

 

 

 

最初のあらすじはこんな感じです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

「愛されたいと泣いた夜」感想&無料試し読み

 

この癖について、ヒナは後程、犬塚に相談するんですが、言い方がオモロです。

 

「ヘンタイって治りますか?」・・・バカは治らないって経験上わかっているんですけどっ!

 

 

変態が治ったなんて話、聞かないな・・・

 

 

犬塚にしてみると・・・最初はビクついてキョドってたヒナがそんな話をすることに驚く。

 

「こっちの方が断然いいじゃん!」面白いしね。

 

 

 

この後、ヒナは頑張って胸糞DV男と、別れることが出来ます。

 

こういう嫌と言えないっていうか、怖くて逃げられない女性って実在しますよね。

 

 

 

誰か第三者に相談出来たらいいんだけど。


 

 

自分に自信の無い女性は、他人に迷惑を掛けることを恐れてなんでも我慢しちゃって損をする。

 

後はヘンタイを治療して、犬塚たちと静かに幸せに過ごして欲しいものですね。

 

ヒナは確かにおバカですが可愛げがありますね。面白い作品です。

 

 

既に犬塚に惹かれているヒナなのですが・・・彼が自分を好きになってくれる理由が無い、と言いだせずにいる。

 

朝起きたらまたまた全裸・・・そしてなんと隣には犬塚が寝ている!

 

なんで?・・・「自分のしたことくらい自分で思い出せ!」

 

・・・嫌われちゃった??

 

 

 

 

 

「愛されたいと泣いた夜」が試し読み出来るサイトです。

私がオススメする無料試し読みサイトは≪まんが王国≫
わたし自身も5年間愛用しています。

<まんが王国>
https://comic.k-manga.jp/

  • 豊富な作品数で「じっくり試し読み」も豊富
  • スマホでもPCでもOK
  • 漫画ランキングが正確で売れ筋がよくわかる
  • 試し読みのための会員費用は無し
  • 購入する場合もスマホ代と一緒に払える
  • ポイントで購入なので請求書等でのタイトルバレがない

サイト上部の検索窓に作品名の一部を入れると楽です。


漫画もいいけど暇な時間に小遣い稼ぎも
カードの審査が通る人なら大金も楽勝ゲーム

モッピー



読みたい本が「1冊だけ」という方はVOD(ビデオオンデマンド)サービスの無料期間を利用するのも手ですね。


スポンサーリンク

トップへ戻る