汝、隣人を×せよ。 ネタバレ

「汝、隣人を×せよ。」のネタバレと感想。一生に一度許される殺人・・。

 

亜月亮さんのマンガ作品汝、隣人を×せよ。」

 

 

 

凶悪、多様化した犯罪から弱者を守るために定められた法律「一生一殺法」、正当な理由があれば、一生に一度だけ殺人が依頼できる。

 

鬼畜な義父に育てられている小学生は、「殺したい」と願うも、まだ申請できる年齢に達しておらず断念・・しかし突然の光明が!

 

 

モッピー


「汝、隣人を×せよ。」がスマホで無料試し読み出来るサイトです。

 

<まんが王国>
https://comic.k-manga.jp/

 

 

「汝、隣人を×せよ。」

「汝、隣人を×せよ。」あらすじ&ネタバレ

 

以下の文章に、あらすじ&ネタバレ要素を含みますのでご注意ください。

 

 

 

凶悪&多様化する犯罪の抑止と、それらから弱者を守るために制定された新法。

 

それは、自らの人権を守るため、一生に一度だけ殺人が許される、という「一生一殺法」

 

その「死」によって、救われる人生や生命が存在することが前提である。

 

 

 

 

小学6年生の明日美、彼女のクラスでは先生イジメが横行しています。


 

教室へ入るなり「水風船」をぶつけられる女性教師・・・ベタベタになったけど、子供を叱れない。

 

「怒っちゃダメだよ、ただの子供の悪戯じゃん!」なんてからかう子供たち・・・

 

 

 

気分が悪いので自習にする、と泣きながら教室を出ていく教師。

 

今日も授業にならなかった・・・でもこんなの塾でとっくにやっているから、かまわない。

 

 

 

でも、あんまりからかうと・・・「一生一殺法」で殺されちゃうよ?・・・

 

一生一殺法の適用は14歳から・・・だから子供は「申請」も出来ない代わりに殺される対象にもならないんだよ。

 

 

 

こんなことになったキッカケは・・・

 

ある女児童が、学校にコスメセットを持ってきたことを担任が注意した、という些細なこと。

 

「モンペ」である母親が学校に怒鳴り込んできて「辞職」か「土下座」か?と大騒ぎになった・・・

 

 

それ以来、教師は生徒が何をやっても叱れなくなり、それに付け込んだ児童たちはやりたい放題に。

 

教師は「うつ」も煩い心療内科に通っている。

 

 

 

明日美は・・・先生が一番殺したい相手は誰だろう、と考える。

 

でも・・・恨むだけじゃ自分を地獄に落とした奴は死なないんだよ・・・

 

 

 

施行されても有識者の間では論争の的になっている「一生一殺法」。

 

しかし、実際にパワハラやセクハラ、ストーカー行為などの抑制になっているのも事実、支持派も多いのです。

 

 

 

 

 

明日美にも「殺したい」人間が一人。


 

母親が再婚した男は、最初は優しいところもあり、機嫌が良ければ一緒に遊んでくれたりもしていた。

 

しかし次第に本性を現し出して・・・働きもせずに昼から酒ばかり飲むようになり暴力も。

 

 

母親は、そんな男のために昼も夜も一生懸命働く。

 

明日美は男の機嫌を損ねないように、部屋の隅で小さくなっていました。

 

そんな生活で過労により母親は心筋梗塞で死んでしまう。

 

 

母が明日美に残した多額の保険金も・・・男が、まだ小さい明日美の後見人だと言い持っていく。

 

その後は暴力に耐えるだけの日々を過ごしているのです。

 

 

 

明日美はネットでもできる殺人依頼を、スマホも持っていない為、直接殺益執行所の支部に提出に行きました。

 

しかし職員が言うには申請できるのは14歳から。

 

「あなたまだ小学生でしょ?・・誰かを殺したいとか考えないで、友達と遊んだりして楽しんだら?」

 

 

 

話を聞いていたもう一人の職員が、とりあえず「申請書」を保留ということで預かる、と言いました。

 

申請可能な時期になったら、またいらしてください。

 

 

 

14歳まであと2年・・・それまであんな男の元で自分は生きていけるのだろうか・・・

 

 

 

その後、男は店で・・・自分が店員の気を引くから、と明日美に万引きをさせようとする。

 

男に逆らっては生きていけない・・・言うとおりにしようとするが、後ろから声を掛けられて失敗・・・

 

 

 

店から逃げ出した明日美・・もうあの男から逃げるには、自分が死ぬしかない。

 

明日美は歩道橋の上から自殺を図る・・しかし寸でのところで女性に後ろに引っ張られました。

 

 

 

 

あと一日だけ生きてみな・・・その人はそう言う。


 

あと一日?・・・

 

 

 

意味も分からないまま一日を耐えて過ごす。

 

しかし事態はさらに悪くなる・・・なんと男は客をとり、明日美に「売春」をさせようとするのです。

 

逃げようとするが失敗・・・もうだめか・・

 

 

 

その時、家の玄関ドアが開き・・・「安永明日美さんの殺益申請を執行しに来ました。」

 

殺益執行委員会の職員が現れる。

 

 

 

男は明日美はまだ12歳だと食ってっかかる・・・しかし、「本日から、申請可能な年齢が12歳になりました」

 

明日美が提出して「保留」になっていた申請が受理されたのです。

 

 

 

スポンサーリンク

「汝、隣人を×せよ。」感想&無料試し読み

 

と、このように、殺人が許されるというより、代理で「殺してくれる」システムなんですね。

 

ギリギリで本当の地獄行きを免れた彼女でした。

 

 

この後も、色々な人が「殺したい」と願う相手との関係を描いて物語は進んでいきます。

 

 

 

のほほーんと生きている私は、「殺したい」、とほんの一瞬だけなら興奮して感じることはありますが・・・

 

 

本当に死んでほしい相手は今のトコロ居ないな。


 

 

でもブラック企業の高圧的な上司やしつこいストーカーなんかが現れたら、殺したくなるでしょうね。

 

そんで、自分も人に恨まれたら怖いから、人当たりは気を付けるだろうな。

 

私だったら、もう「一生一殺法」の権利を使っちゃった人にだけキツく当たるかも(^^)

 

 

 

漫画の世界だから許されるにしても・・・あんまりこんなこと考えちゃいけませんね。

 

誰かを殺して楽になろうなんて、逃げなのかもしれない。

 

 

 

 

「汝、隣人を×せよ。」がスマホで無料試し読み出来るサイトです。

私がオススメする無料試し読みサイトは≪まんが王国≫
わたし自身も5年間愛用しています。

<まんが王国>
https://comic.k-manga.jp/

  • 豊富な作品数で「じっくり試し読み」も豊富
  • スマホでもPCでもOK
  • 漫画ランキングが正確で売れ筋がよくわかる
  • 試し読みのための会員費用は無し
  • 購入する場合もスマホ代と一緒に払える
  • ポイントで購入なので請求書等でのタイトルバレがない

サイト上部の検索窓に作品名の一部を入れると楽です。


漫画もいいけど暇な時間に小遣い稼ぎも
カードの審査が通る人なら大金も楽勝ゲーム

モッピー



読みたい本が「1冊だけ」という方はVOD(ビデオオンデマンド)サービスの無料期間を利用するのも手ですね。


スポンサーリンク

トップへ戻る